/

レスリング女子・川井友香子が金メダル

(更新)
レスリング女子62キロ級決勝で、ティニベコワ(右)を攻める川井友香子

レスリング

東京五輪第13日の4日、女子62キロ級の川井友香子(ジャパンビバレッジ)が決勝でティニベコワ(キルギス)を破り、金メダルを獲得した。川井友の姉で女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が準決勝で米国選手を下して5日の決勝に進み、銀メダル以上が決まった。川井梨は2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級女王に輝いており、川井姉妹は五輪の夏季競技で日本初の姉妹金メダリストとなった。

男子フリースタイルで57キロ級の高橋侑希(山梨学院大職)、86キロ級の高谷惣亮(ALSOK)はともに敗退した。

女子57キロ級準決勝で米国のヘレン・マルーリス(左)と対戦する川井梨紗子=共同

野球

準決勝の韓国戦の8回、勝ち越しの3点適時打を放つ山田哲人

準決勝で、日本は韓国に5-2で勝って7日の決勝進出を決め、銀メダル以上が確定した。

卓球

ドイツ選手と対戦する丹羽

男子団体準決勝で、前回リオデジャネイロ五輪銀メダルの日本はドイツに2-3で屈し、3位決定戦に回った。

スポーツクライミング

女子複合予選のリードの野中生萌=共同
女子複合予選のリードの野口啓代=共同

女子予選で野中生萌(XFLAG)が3位、野口啓代(TEAM au)が4位となり、上位8人による6日の決勝に進んだ。

バスケットボール

ベルギー戦の第2クオーター、攻め込む高田真希=共同

バスケットボール女子準々決勝で日本はベルギーを86-85で下し、初の4強入りを果たした。

スケートボード

決勝の演技をする四十住さくら

女子パーク決勝で2018年世界選手権優勝の19歳の四十住さくら(よそずみ・さくら、ベンヌ)が金メダルを獲得した。予選は4位で通過したが、決勝では難度の高い技を成功させ、60.09点と高得点をマークした。

予選3位だった12歳の開心那(ひらき・ここな、WHYDAH GROUP)が59.04点で2位となり、史上最年少となるメダルを獲得、スケートボード女子ストリートで金メダルだった西矢椛(にしや・もみじ)の13歳の記録を塗り替えた。

決勝の演技をする開心那

予選1位の15歳の岡本碧優(おかもと・みすぐ、MKグループ)は53.58点で4位だった。宮崎出身で母が日本人の13歳、スカイ・ブラウン(英国)が3位に入り銅メダルを獲得した。

決勝の演技をする岡本碧優

陸上

女子1500メートル準決勝で力走する田中希実(右)=共同

女子1500メートル準決勝で田中希実(豊田自動織機TC)は3分59秒19の日本新記録で1組5着に入り決勝に進出した。男子110メートル障害準決勝で泉谷駿介(順大)は13秒35の3組3着で落選し、日本人初の決勝はならなかった。女子400メートル障害決勝はマクラフリン(米国)が51秒46の世界新記録で優勝した。

ゴルフ

1番でティーショットを放つ畑岡奈紗=共同
2番でティーショットを放つ稲見萌寧=共同

女子の第1ラウンドで、畑岡奈紗と稲見萌寧はともに70の1アンダーとし、首位と4打差の16位だった。フィリピン代表の笹生優花は74の47位。

ボクシング

準決勝で敗れた並木月海(右)=ロイター

女子フライ級の並木月海(自衛隊)は準決勝でブルガリア選手に0-5の判定で敗れ、銅メダルが決まった。

アーティスティックスイミング

デュエット決勝フリールーティンの乾友紀子(右)、吉田萌組の演技=共同

デュエット決勝のフリールーティンで乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組は94.4667点で、3日のテクニカルルーティンとの合計は187.8166点の4位だった。

馬術

障害飛越個人決勝で競技する福島大輔=共同

障害飛越個人決勝で減点0で並んだ6選手によるジャンプオフに進んだ福島大輔(STAR HORSES)は6位となり、同競技で日本勢89年ぶりとなるメダル獲得はならなかった。

セーリング

男子470級は上位10艇による最終のメダルレースが行われ、岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)、外薗潤平(JR九州)組は6着となり、総合7位で競技を終えた。女子470級も上位10艇による最終のメダルレースが行われ、吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)は8着に入って総合で7位となった。

自転車

男子スプリントの2回戦敗者復活戦で、脇本雄太(日本競輪選手会)はドイツ選手に勝ち、5日の3回戦に進んだ。女子ケイリン1回戦で、小林優香(日本競輪選手会)は4組2着となり、5日の準々決勝に進んだ。

飛び込み

荒井祭里の1回目の演技=共同

女子高飛び込み予選で、20歳の荒井祭里(JSS宝塚)は268.80点の22位で落選した。

オープンウオーター

女子10キロが行われ、貴田裕美(コナミスポーツ)は2時間1分40秒9で13位だった。クニャ(ブラジル)が1時間59分30秒8で優勝した。

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン