/

この記事は会員限定です

野球の母国で「赤い稲妻」が金 1996年アトランタ五輪

[有料会員限定]

野球発祥の地、米国で開催された1996年アトランタ五輪。野球の決勝は、当時全員アマチュアで編成した日本とキューバの顔合わせとなった。野球を国技とし、正式競技となった92年バルセロナ大会での初出場初優勝から白星街道を突き進むキューバを日本が止めるのか。注目の決戦は松中信彦の満塁本塁打で日本が途中同点に追いつくなど粘ったが、八回リナレスのダメ押し2ランでキューバが13-9と打ち勝った。

世界との扉を閉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン