/

この記事は会員限定です

竹谷、ツアー最少タイのハーフ「28」 14年大会覇者

[有料会員限定]

10番からの竹谷の猛チャージの伏線は、直前のボギーにあった。2014年に初優勝を飾ったが、コースに対していいイメージはないという。「ツアーで3本の指に入る難しさ」。加えて「ティーショットがずっと不安で」。

スタートから何とかパーを重ねたが、9番の第1打で右手が滑ってスイングが緩み、左の木を直撃。180~190㍎しか飛ばずボギーが先行した。「丁寧にやるしかない。ちゃんと振り抜く」と言い聞かせた途端に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン