/

この記事は会員限定です

バド日本、来年の世界選手権東京大会で雪辱を

千里眼 バドミントン 早川賢一 

[有料会員限定]

大会を通して、バドミントン大国・中国の底力を見たように思う。5種目全てで決勝に進み、金メダル2個、銀メダル4個を獲得。2019年世界選手権の成績や直近の世界ランキングでは日本のほうがメダルに近い位置にいたが、体の仕上げ方やメンタルコントロールを含め、「五輪の勝ち方」を知っている相手に大きく水をあけられた印象だ。

男子シングルス準優勝の諶竜は開幕前の世界ランキングは6位。2016年リオデジャネイロ五...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン