/

名伯楽になった尾崎将、自身のツアー出場はいつ?

編集委員 吉良幸雄

1月で74歳になった尾崎将。指導力にも定評がある

ツアー94勝を含めプロ通算113勝。男子ゴルフの歴史に大記録を残す尾崎将司(74)は、日本のゴルフ界のレジェンド中のレジェンドだ。選手としてだけでなく、かつては「ジャンボ軍団」を率い、指導者としても才に秀でている。

2018年にはジュニアゴルファーを育成するため千葉市内にある私設練習場で「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」を発足。1998~99年生まれの「黄金世代」の一員で、20年に日本女子オープン、JLPGAツアー選手権リコー杯と国内メジャーで2連勝を飾った原英莉花(22)や20~21年に統合されたシーズンで賞金ランクトップに立つ笹生優花(19)、西郷真央(19)ら女子プロも指導し、「名伯楽」ぶりを発揮している。

教え子の急成長に師匠もほおを緩める。「英莉花は、トレーニングでも練習でも、自分がしなけりゃいけないことを普通にやっている。自覚が出ている」。そして「みんな努力家で楽しみ。パワーは下半身からくる。大きな筋肉を鍛えていかないと。太ももの大きさやお尻の厚みは外から見てもわかる」。

尾崎将が「せごどん」と呼ぶ西郷は前週の21年国内女子ツアー開幕戦、ダイキンオーキッド(沖縄)で初日から3日間、首位を走った。最終日は17、18番で連続ボギーをたたき4位タイと初優勝を逃したが、飛距離がぐっと伸び、プロ2年目での飛躍を期待させる。また昨年2勝した笹生については「女タイガーといわれる、あそこまでのヘッドスピード、体力は、努力によってああいう形になるんだ」。続けて「ああいう選手が出てくりゃ、他の選手がいっそう努力する。男子(ツアー)とは違う競い合いがあるわな」。

アカデミーのセレクションで選手をチェック。「体と運動能力」が選考ポイントだ

2月に行われた同アカデミーのセレクションでは、中学2年から大学1年までの50人を書類選考でふるいにかけ、27人を計4日間にわたって尾崎将がチェックしたうえで、入門者を決める。選考ポイントは「できるだけ体があって、運動能力がある選手」。スイングの柔軟性やバランス、リズムの良さも重視する。

パワーゴルフ全盛の男子には、上半身だけ鍛え、力任せにヘッドスピードを上げようとするジュニアが少なくないそうで「今のクラブは速く振れば飛ぶけど、本当に振れる体力、体の芯の強さ、スイングバランスが大事。ゴルフはコントロールゲーム。ドラコン選手じゃないのだから」。お眼鏡にかなうジュニアはどうやら女子に多いらしく「(男子と違い)女子はゴルフが(プロ競技で)最大のメジャー。唯一、あれだけ稼げる。お父さん、お母さんがゴルフを目指させるから、底辺が広がって、いいものが出てくる」。

ところで、ファンにとっては今年でプロデビュー52年目を迎える競技生活のことが気になるが、「あんまり俺に期待しないでください」と苦笑する。新型コロナウイルスの感染拡大により次々ツアーが中止に追い込まれた20年は、ツアーには1試合も出場しなかった。

10戦以上プレーしたのは17年までで、18、19年は7試合。しかも半数以上で途中棄権している。予選通過したのは、初日「62」とツアー史上初のエージシュートをマークし首位発進した13年4月のつるやオープン(兵庫・山の原GC山の原、最終順位は51位)が最後だ。それ以降で存在感を発揮したのは、17年10月のホンマ・ツアーワールド杯(愛知・京和CC)で、70歳のジャンボは2日目に「70」で回り、2度目のエージシュートを達成した。

「球打ちは3月中旬以降」と尾崎将。秋には再び勇姿を見せられるか

今年もまだ新型コロナの影響が続き、用心せざるを得ない。4月には高齢者へのワクチン接種が始まるが「ここ(私設練習場)にいれば……(心配ない)」。それでも「年寄りは注射は早く打ちたい」。ただ実際のところ、御年74歳のジャンボには、老化との闘いもある。腰痛などあちこちに爆弾を抱え、寒い時期に無理してトレーニングを行うと、故障につながりかねない。

「(体力強化は)これから。少しずつやっていかないと。球打ちは、体が動くようになってからだ。3月中旬以降にやれれば」。ツアー出場など目標設定はないそうで「(昨年)そこで戦いたい、という気持ちが1回くじけているから、そのへんから立ち直らせていかないと」とさすがに景気のいい言葉は出ない。

大会5勝の得意コースで距離が短い中日クラウンズ(名古屋GC和合)は4月と開催時期が早く、準備は間に合わなさそう。秋に勇姿を見られれば、といったところか。日本のゴルフ人気の立役者だけに現状には歯がゆさを感じるだろう。女子に比べ、話題にも事欠く男子ツアーに「スポーツは男子が頑張らなきゃ。オーッと言われることをしないと。何かやってくれるような選手を期待」と奮起を促す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン