/

この記事は会員限定です

オービック、地力見せつけ圧倒 ライスボウル7年ぶりV

[有料会員限定]

終わってみれば5TDの危なげない勝利。関学大の持ち味を受け止めた上での完勝はまさにオービックの「横綱相撲」だった。

試合開始のキックオフ。「(相手選手に)当たったらラッキー」(関学大・大村監督)と関学大は低い鋭いボールを蹴ってきた。背走しようとしたオービックの最前線の選手に当たったボールを関学大が押さえて、オンサイドキック成功。攻撃権を奪った関学はこの好機を先制TDにつなげた。前半終了間際には関学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン