/

陸上代表が元日始動、競歩・岡田「全力で準備」誓う

元旦競歩に出場した岡田久美子は女子10キロを大会新記録で制した

今夏の東京五輪・パラリンピックに向けて、陸上の五輪代表選手が元日から始動した。国立競技場近くの神宮外苑絵画館周回コースで元旦競歩が行われ、女子20キロ代表の岡田久美子(ビックカメラ)が新年の〝歩き初め"。男子マラソン陣は全日本実業団対抗駅伝(群馬県庁前発着)で幕を開け、中村匠吾(富士通)と服部勇馬(トヨタ自動車)が快走した。

女子10キロを大会新記録で制した岡田は「フレッシュな気持ちで五輪イヤーを迎えることができた」。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、先が見通せない状況が続くが、「内定している身としては全力で準備することが責任を果たすことにつながる」。決意を新たに、力強く歩み出した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン