/

この記事は会員限定です

日本、スペインを走らせず 次戦クロアチアは変幻自在

サッカーアナリスト 庄司悟

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会で、1次リーグE組の日本は優勝経験国のドイツとスペインから勝利を挙げ、2勝1敗の勝ち点6と首位で決勝トーナメント進出を決めた。強豪スペインを撃破できた要因は何か。そして5日(日本時間6日午前0時)に初の8強進出を懸けて臨む決勝トーナメント初戦の相手、クロアチアとはどんなチームなのか。

日本がスペイン相手に会心の勝利を収められた要因は2つあると考えている。ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1693文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

サッカーアナリストの庄司悟氏が豊富なデータと知見をもとに、ワールドカップの熱戦をひもときます。サッカー日本代表がどうすれば勝てるのか?なぜあの強豪が敗退したのか?などより深いサッカー解説を楽しめます。

■サッカーワールドカップコラム一覧はこちら

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません