/

この記事は会員限定です

オリックス・平野佳寿、「感謝」の通算200セーブ

[有料会員限定]

九回、2点リードで登板したオリックス・平野佳が対峙したのは2番からのDeNA上位打線。そろって打率3割超の3人を相手にしても、ここまで199セーブを積み上げてきた守護神は揺らがなかった。

先頭の蝦名には初球でフォークの印象を植えつけ、残りは全て直球で空振り三振。続く宮崎はカーブを交えてカウントを稼ぎ、150キロの直球で一ゴロに。4番牧はスライダーとストレートで追い込み、最後はフォークで空振り三振...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン