/

この記事は会員限定です

阪神・伊藤将、「中日キラー」の本領発揮で連敗止める

[有料会員限定]

貯金を6つも稼いだ交流戦後、阪神は連勝と連敗の繰り返しでいまひとつ波に乗れない。目下4連敗中。この試合に負ければ、最下位の中日にゲーム差なしにまで迫られる。そんな試合のマウンドを託された伊藤将が中日打線を手玉に取った。

立ち上がり、一回1死一塁で3番山下を遊ゴロに打ち取ったはずだった。ところが、ここで遊撃手の中野が失策。一、二塁のピンチで迎えたのは前日に決勝弾を放った4番のA・マルティネス。だが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン