/

この記事は会員限定です

女子ゴルフ、若手の活躍は今年も 土台づくり怠らずに

プロゴルファー 平瀬真由美

[有料会員限定]

まさに日の出の勢い。女子ツアーではプロ入りして日が浅い20歳前後の若手の活躍に目を見張らされる。昨年は14試合のうち10試合を22歳以下の選手が制した。19歳のルーキー、笹生優花さんが2戦連続優勝し、20歳の古江彩佳さんが年間3勝、21歳の原英莉花さんは国内メジャー2連勝を飾った。

急速な世代交代は世界的な傾向だが、2014年に15歳の勝みなみさんが史上最年少優勝を果たしたことがきっかけになったと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン