/

この記事は会員限定です

異例ずくめのマラソン 新たな魅力を発見

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

1月31日の大阪国際女子マラソンは異例ずくめの大会となった。新型コロナウイルスの感染対策で柵を設置した公園内の1周2.8㌔を約15周するコース。日本記録2時間19分12秒の更新を目標に掲げ、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)ら男子ランナーが先頭でペースをつくった。

25㌔すぎから優勝した東京五輪代表の一山麻緒(23、ワコール)も日本記録のペース設定につけなくなった。だが、その後もペースメーカーの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン