/

日本、再び「ドーハの歓喜」 耐えてスペイン撃破

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

日本の忍耐がボールに通じ、ライン上にとどまってくれたのではないだろうか。

田中が挙げた日本の決勝点はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)判定に委ねられた。三笘が左のゴールライン上から折り返したボールは、ラインにぎりぎりかかっていた。

前半を1点で耐えた日本の執念が報われたととらえたい。DFとGKの間に鋭いパスを送った堂安も、飛び込んだ前田の裏から駆けつけた三笘も、忍耐一筋ではないアグレッシブさが満々だった。

吉田を中心とした5人が最終ラインにきれいに並ぶ。相手の2人のCBだけは自由にさせて、ほかは各人ががっちり捕まえる。スペインはパスの出しどころを失い、攻めはスローダウンし、後方をボールがさまよう。

ボールはスペインに80%近く持たれた。なすすべなく一方的にやられているようで、これがスペイン攻略の最善の策なのだ。試合前日、選手らの意見をくんだうえでこの戦い方でいくと決断したという。ルイスエンリケ監督からすれば「ギャンブル」と映るこの戦術、スペイン代表やスタイルの似通うバルセロナが度々苦しめられている。

一瞬、モラタを自由にして奪われた早い時間帯での失点は誤算だったが、〝賭け〟の成否は、必ず巡ってくるであろう数回の隙をものにできるかにかかっていた。後半開始直後の48分、堂安の左足が火を噴く。間髪入れず、速攻で襲い2点目。3分間で優勝候補をダウンさせるとは痛快だ。

そこからは時計の針とも戦った。相手シュートがGK権田の正面に飛んでくれる幸運にも救われた。それでも、DFと化した三笘の守備は頼もしく、DF3人衆は警告を受けながらも奪いに踏み出すことを恐れず、68分から冨安が助太刀に入った右の守りは破られる気がしなかった。

「我慢強く戦うのは自分たちの大事なところ。チームが一つになって戦う点では、見てもらったら分かると思いますが、どの国よりも熱いものがあると勝手に思っています」と田中が誇る。「リードしてブロックをつくって守れば崩されない感じはあった。最後まで気を緩めず戦えたのが大きい。うれしいです。すいません、語彙力が乏しくて」と主将の吉田も相好を崩す。

ドイツ、スペインを押しのけ、グループ1位で16強へ躍り出た。「アジアが、日本サッカーが世界の舞台で戦っていけるということ。大きな自信につながる。うれしい」。歴史的な一歩を刻んだドーハの夜に、森保監督の声は晴れやかに響いた。

(ドーハ=岸名章友)

分刻みのスペイン戦詳報はこちら(https://www.nikkei.com/special/soccer-world-cup/data?kd_page=wcup_game_19245_pbp)
2022 World Cup Qatar

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

サッカーワールドカップでは、スターたちが熱戦を繰り広げます。試合で何が起こったか、そして何が勝利に結びついたか。日本戦以外も見所がたくさん!日本経済新聞の記者が現地から発信します。

■サッカーワールドカップコラム一覧はこちら

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません