/

オリックス中嶋、ヤクルト高津監督に共通する名将の条件

今季のプロ野球はオリックスの26年ぶりの日本一で幕を閉じた。ヤクルトとの再戦となった日本シリーズはまたも熱戦の連続で、大いに楽しませてもらった。昨年の雪辱を果たした中嶋聡監督には心からおめでとうと伝えたい。

2軍監督出身、確率に裏付けされた奇をてらわぬ采配

日本シリーズを戦った両監督とは長年にわたって親しくしている。中嶋監督と私はともに初動負荷理論で知られる小山裕史先生の門下生。現役時代はオフになると鳥取の「ワールドウィング」に通い、一緒にトレーニングを積んでいた。ヤクルトの高津臣吾監督とは気が合い、名球会のイベントなどではいつも行動を共にしている。

2年前まで最下位だったチームを2年連続のリーグ優勝に導いた両監督には共通点が多い。2人とも頭が良くて、野球以外の知識も豊富。グラウンドでは奇をてらわず、複数の選択肢の中から確率の高い戦術を冷静に選べる。

両者とも2軍の監督として若い選手のコーチングや人間形成に携わってから、1軍の監督になっている。いまの主力は2軍時代から見てきた選手だから、余計な気遣いは無用。選手としての特徴や性格などを把握し、適材適所で起用できるのも強みになっている。

救援陣を立て直した両監督

ブルペンの整備を進めてチーム力を高めた手法も似ている。先発投手の投球回数が減っている現代の野球で勝ち抜くには、七回以降を任せられるリリーフ陣の存在が不可欠だ。日本シリーズで再三の好救援をみせた宇田川優希投手をはじめ、オリックスの強力リリーフ陣は一躍全国区になった。2年前まで投手が泣きどころだったヤクルトもセットアッパーの清水昇投手、抑えのスコット・マクガフ投手らが定まって勝ちパターンが確立した。この辺りは捕手出身の中嶋監督、抑え投手だった高津監督の面目躍如といえよう。

名監督というのはコーチやスカウトといったスタッフを信用しつつ、ダメなら自分が責任を取ると腹が据わっている。それが選手にも伝わり、ナインが同じ方向を向く。2人にもそんな胆力を感じる。

来季は私と同い年のロッテ・吉井理人監督ら複数の新監督が指揮を執る。昔、ドジャースのトミー・ラソーダ監督と食事をしたときに聞いたこんな言葉は、彼らの参考になるかもしれない。

監督に必要な支持率は50~60%

「監督という仕事は全員の支持を集めることはできない。しかし5~6割の支持率はなくてはならない」

チームをまとめる最良の薬は勝つことだ。星野仙一監督や落合博満監督時代の中日には緊張感があり、和気あいあいという意味での〝やりやすさ〟はなかったが、結果が出ていたから張り合いがあった。チームが勝っている限り、不平不満は出ないものだ。

プロ野球において勝利は正義だ。中嶋、高津両監督に続く新たな名将の出現を楽しみにしている。

(野球評論家)

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サウスポーの視点(山本昌)

プロ野球・中日ドラゴンズで投手として活躍した山本昌さんの連載コラムです。自身の選手としての思い出、現役選手やプロ野球界についての想いをつづっています。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン