/

この記事は会員限定です

大坂告白で注目、トップ選手のストレス 専門家に聞く

スポーツ心理学の荒井弘和・法政大教授

[有料会員限定]

テニスの大坂なおみ(日清食品)が自身初の四大大会制覇をなし遂げた2018年全米オープン以降、うつ症状に悩まされてきたと告白したことは大きな波紋を呼んだ。鍛え抜かれたトップアスリートは強い心身を持ち合わせていると思われがちだが、舞台が華やかであるほど過度の期待がストレスにもなる。スポーツ心理学が専門で「アスリートのメンタルは強いのか?」の編著がある荒井弘和・法政大教授は「近年、アスリートがプレッシャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン