/

この記事は会員限定です

太田雄貴氏らに聞く、スポーツDX改革の必要性

[有料会員限定]

日本のスポーツ界は欧米と比べてデジタル分野の規制が厳しい。仮想チームの成績を競うファンタジースポーツやベッティング(賭け)、非代替性トークン(NFT)、クラブが発行するトークン(電子証票)などの事業化のハードルも高くなっている。問題の解決につなげようとソフトバンクや楽天グループ、NECなど30社が「スポーツエコシステム推進協議会」を設立した。同協議会の2人に狙いや活動方針などを聞いた。

アドバイザリーボードメンバー 太田雄貴氏(フェンシング五輪メダリスト、国際オリンピック委員会委員)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン