/

この記事は会員限定です

元F1レーサー 中嶋悟(18)引退

「やれるところまで」奮起 ラストランは4周でリタイア

[有料会員限定]

本当は1990年を最後にF1から退き、競技人生にも終止符を打つつもりだった。しかし91年向けにホンダが用意したV型10気筒エンジンには「SN」、つまりサトル・ナカジマのイニシャルまで刻印されていた。めったにないことで「もう1年」と思い直したが、辞めるつもりの僕がこの期待の大きさに応えられるのか不安もあった。

ホンダや僕のF1活動を支えてくれていたセイコーエプソン、PIAAの関係者には「ぼちぼちだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中嶋悟

中嶋悟さんは日本人で初めてF1フル参戦ドライバーとなったカーレーサーです。少年時代に車に魅入られ、厳しいプロの世界に身を投じるやたちまち頭角を現した中嶋さん。ライバルたちと熱い戦いを繰り広げながら、いかにして「日本一、強い男」として君臨するに至ったか。レースファンにはたまらない手に汗握る物語が展開します。本田宗一郎さんやアイルトン・セナさんらとの交流秘話も読みどころです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン