/

この記事は会員限定です

石川・西田で攻め、高橋が守る 男子バレー29年ぶり8強

[有料会員限定]

バレーボール男子の日本は1日のイラン戦を3-2で制し、1次リーグA組で3勝2敗の3位となって1992年バルセロナ五輪以来、29年ぶりに準々決勝へ駒を進めた。3日に行われる準々決勝では、連覇をめざすB組2位のブラジルと顔を合わせる。

1次リーグの顔ぶれと試合順に鑑みて、中垣内監督とブラン・コーチは五輪数カ月前から「イラン戦が一番の鍵になる」とチームに口を酸っぱくして言い聞かせてきた。開幕2連勝後、強...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン