/

この記事は会員限定です

攻めても「失敗しない」萱、あん馬大技決めて銅

[有料会員限定]
種目別決勝は男子あん馬で萱和磨(セントラルスポーツ)が14.900点をマークし、銅メダルを獲得した。日本勢で2004年アテネ五輪銅メダルの鹿島丈博以来4大会ぶりの表彰台。

いつも演技を終えると右手を振り上げ、気合の雄たけびをあげるのが萱のルーティン。出来がいまひとつのときは腕の振りも声量も控えめになるのだが、無観客の会場に響き渡った叫びは今大会最大級だった。「本当にやりきれた」と、顔をくしゃくしゃに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン