/

横浜M・オナイウ、ハットトリック チームも3連勝

 FC東京―横浜M 後半、ハットトリックとなるゴールを決める横浜M・オナイウ(右)=共同

横浜MはFWオナイウ阿道がハットトリック。すべてのゴールにエウベルのお膳立てがあったが、本人は「DFとGKの間を意識してうまく背中を取れた。一番ボールに触れそうなところに行くための駆け引きは常に意識している」とポジショニングの勝利を強調だ。

これでリーグ戦は3戦連発の8得点。ルヴァン杯の3得点を合わせると公式戦のゴールは2桁を超えた。25歳の馬力あふれる前線からのプレッシングも貢献度大。ポステコグルー監督は「いい形でコンスタントにやれている。守備のハードワークがゴールという結果に報われている」。そのオナイウへの賛辞は開幕戦で川崎に敗れた以外、7勝3分けの3連勝と上げ潮のチームにもぴたりとはまる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン