/

この記事は会員限定です

サヨナラ憲剛 川崎、功労者の引退飾る天皇杯V

(更新) [有料会員限定]

現役最後の試合で、川崎・中村の出番はついに来なかった。

前半のチャンスを残らず逃し、三笘の右足からやっとゴールが生まれたのが55分。ここから肉弾戦を挑んできたG大阪の反撃を防ぐ盾として、40歳の中村はふさわしくないと鬼木監督は考えたのだろう。「もし(追いつかれて)延長になったとき、スタジアムの雰囲気を変えられるのは誰か。それが憲剛(中村)だった」。選ぶことのなかったカードの使い道について、監督は試...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン