/

この記事は会員限定です

五輪ボランティア研修進む 円滑運営へ準備本格化

[有料会員限定]

東京五輪の開幕まで100日を切り、大会本番で活動するボランティアらの準備が本格化している。それぞれが担う役割別の研修やシフトの通知が4月から始まった。選手ら多くの人に接する機会があり、新型コロナウイルスへの対策も不可欠となる。円滑な大会運営を支えるため、万全を期す。

大会期間中、東京には競技会場などで活動する約8万人の大会ボランティアと、駅や空港で活動する約3万人の都市ボランティアが集う。大会ボラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン