/

この記事は会員限定です

別の建物なのに同じ住所? 誤配の温床、住民も困惑

[有料会員限定]

別の建物なのに住所は同じ――。所在地を分かりやすくした今の住所表記が始まって半世紀が過ぎたが、こうした地域は各地に点在する。新型コロナウイルス下の生活で出前やインターネット通販の需要が増えるなか、誤配の温床となる。届ける側に届けられる側、ともに困惑している。(嶋崎雄太)

「あれ、どの家に届ければいいんだ?」。今秋のある夜、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」配達員の細井健一さん(45)は地図を表示し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン