/

小池都知事「かつてない波」 コロナ対策徹底を呼びかけ

(更新)
記者会見する東京都の小池知事(30日、都庁)

東京都の小池百合子知事は30日、都内で新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない状況を受けて臨時の記者会見を開き、「かつてない大きさの『第3波』が襲いかかっている」と危機感を示して感染対策の徹底を求めた。

30日も都内では過去2番目に多い944人の感染が確認された。小池氏は「ここで感染を抑えなければ、緊急事態宣言の発出を(国に)要請せざるを得なくなる。年末年始が分水嶺」と強調。年末年始の会食や帰省、初詣などを控えるよう都民に呼びかけた。

都は酒類を提供する飲食店などに対し、1月11日までは営業を午後10時までとするよう求めている。会見に同席した専門家は「より強い対策をただちに実行する必要がある」と指摘したが、小池氏は「時短そのものがすべてを解決するわけではない」などとして新たな具体的対策は示さなかった。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン