/

この記事は会員限定です

コロナ対応の医療現場、綱渡りの年末年始 綻びの兆しも

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染「第3波」の収束は見通せず、医療現場は年末年始も綱渡りの対応を続けている。感染が拡大する地域では病床の逼迫が深刻となり、入院先の調整が難航。高齢の感染者が施設で待機を余儀なくされるケースもあり、医療体制に綻びの兆しが出ている。

「短距離走のつもりがフルマラソンになってしまった」。12月28日時点で重症7人、中等症14人を受け入れている東京医科歯科大病院の若林健二病院長補佐は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン