/

紀平選手、早大に進学へ 羽生選手と同じ通信教育課程

紀平梨花選手

フィギュアスケート女子で全日本選手権を2連覇したネット通信制N高3年の紀平梨花選手(18)が来春に早大に進学する意向であることが29日、分かった。関係者によると、21日に人間科学部の通信教育課程の合格通知を受けたという。

2022年北京冬季五輪でメダル獲得を目指す紀平選手は日本の他にスイスも練習拠点にしている。9月に早大を卒業した男子の羽生結弦選手と同じ学部の、インターネットを通じて履修可能な通信教育課程を選択した。

兵庫県出身の紀平選手は18年グランプリ(GP)ファイナル覇者で、四大陸選手権を2連覇中の日本のエース。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が武器で、27日の全日本のフリーでは女子選手として03年大会の安藤美姫以来2人目となる4回転サルコーを決めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン