/

天皇陛下、ビデオで「支え合い進むこと願う」 コロナ案じ

(更新)

天皇、皇后両陛下は1日、新年のビデオメッセージを公表された。天皇陛下は新型コロナウイルス感染拡大を案じ「支え合いながら、進んで行くことを心から願っています」と語り、苦境にある国民を励まされた。皇后さまも同席し年始のあいさつを述べられた。映像は1日午前5時半に宮内庁ホームページで公開される。

映像は7分弱で、陛下は冒頭で2020年7月の豪雨災害に触れた後、主にコロナについて言及。医療従事者らに対し「深い敬意と感謝の意」を表し、失業増などを念頭に「感染拡大防止と社会経済活動の両立の難しさを感じます」と語られた。またコロナで困難な状況にある人を支援する活動を「御努力、献身に勇気付けられる思いがいたします」とねぎらわれた。

プロンプター(原稿投影機)を活用し、手元には目を落とさず、正面を向いて語りかける格好で収録。陛下は「人々が将来への確固たる希望を胸に、安心して暮らせる日が必ずや遠くない将来に来ることを信じ、皆が互いに思いやりを持って助け合い、支え合いながら、進んで行くことを心から願っています」と希望を述べられた。

両陛下は2020年、コロナの影響で地方訪問など公務の多くが取りやめとなった。陛下は「再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています」と期待も示された。皇后さまも、今冬の各地の寒さや大雪を案じつつ「少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします」とお言葉を添えられた。

例年は元日に陛下の新年の所感を公表し、2日の一般参賀でお言葉を述べられるが、今回はビデオメッセージに一本化。両陛下はこれまでも、専門家からコロナ問題について説明を受ける機会などに合わせて国民への思いを表されてきたが、映像での表明は初めてとなった。

宮内庁はまた、毎年新年に公表していた天皇、皇后の歌について公表を見送ることを明らかにした。例年は行事のために訪れた地方などを詠んだ歌が中心となっていたが、20年はコロナの影響で地方訪問の機会はほぼなかった。

うし年にちなみ、机上に赤べこなどを置いて写真に納まる天皇ご一家(2020年12月21日、赤坂御所)=宮内庁提供
新年を迎える秋篠宮ご一家(12月5日、東京都港区の赤坂東邸)=宮内庁提供
新年を迎える上皇ご夫妻(2020年12月2日、東京都港区の仙洞仮御所)=宮内庁提供

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン