/

この記事は会員限定です

鳥と魚の知恵比べ 水ぬるむ小川、命瞬く

海と水辺の散歩

[有料会員限定]

3月末になって宮城県でも梅の花が咲き始めた。寒さが厳しかった分、春の到来はとにかくうれしい。氷の下でじっと耐えてきた「どじょっこ」「ふなっこ」も同じだろう。

寒さは体の動きを鈍くさせる。まわりの温度で体温が変化する魚たちは、泥にもぐったり、温かい湧き水の湧きだし口に集まったりして寒さをしのぐ。小川にすむホトケドジョウは、小春日和には水流のゆるやかな場所を見つけて日だまりで流れに身をまかすような行動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン