/

この記事は会員限定です

抗体陽性率1.8%に上昇 東京都内、外来患者を検査

[有料会員限定]

東京都は28日、都立・公社病院を受診した患者を対象に実施した新型コロナウイルスの抗体検査の結果を公表した。陽性率は昨年9月の1.15%から12月に1.8%に上昇していた。市中での感染が冬にかけて広がったことが推測される。

9~12月に14病院で一般外来を受診した1万4096人を調べた。0~103歳で、年齢の中央値は69歳だった。採血以前に陽性と診断されておらず、かつ感染が疑われる症状がない患者を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン