/

両陛下、植樹祭に初のオンライン出席 島根とつなぐ

(更新)
第71回全国植樹祭で島根県大田市の式典にオンラインで参加した天皇、皇后両陛下(30日午後)=代表撮影

天皇、皇后両陛下は30日、島根県大田市で開催された第71回全国植樹祭にオンラインで出席された。赤坂御用地(東京・港)と式典会場を中継でつなぎ、天皇陛下は利用期を迎えた森林資源の課題に触れ「人々が連携、協力することにより、植えて、育てて使い、また植えるといった『緑の循環』が広く実現することを期待します」とお言葉を述べられた。

全国植樹祭は戦後の昭和期から続く天皇の恒例地方行事の一つ。こうした式典に天皇がオンラインで臨み、お言葉を述べるのは今回が初めて。島根県での開催は、新型コロナウイルスの影響で1年延期され、2年ぶりの開催となった今回も両陛下の訪問は見送られた。

第71回全国植樹祭で、クロマツにのこぎりを入れる天皇陛下(30日、東京都港区の赤坂御用地)

両陛下は御用地内でスギなどの苗木を植え、エノキなどの種子をまかれた。その後、陛下は画面越しに、樹種の紹介係を務めた子どもたちに「緑を守り、育てる気持ちを大切にしてください」と声をかけられた。

苗木や種は後日、式典が開催された同県の三瓶山北の原に移し、育てられるという。式典では、昭和天皇が1971年の全国植樹祭で植え、皇太子時代の陛下が91年の全国育樹祭で手入れをしたクロマツの丸太が御用地内に運び込まれ、陛下がのこぎりを入れられた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン