/

群馬の山林火災、鎮火

群馬県桐生市は28日、同市で25日に発生し、その後鎮圧状態になっていた山林火災が鎮火したと発表した。焼失面積は約20ヘクタールで、近くに住む男性(79)が両脚などにやけどを負った。

千葉市の防災ヘリコプター1機、陸上自衛隊のヘリ2機と消防が消火活動し、28日午前11時10分ごろ、上空と地上から鎮火を確認した。

群馬県警によると、25日午前、桐生市黒保根町上田沢の山中で、やけどを負った男性がドラム缶に杉の葉を入れて燃やしていたところ、下草に燃え移り、火が広がったとみられる。27日に鎮圧状態になっていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン