/

豚解体罪の元実習生に有罪 ベトナム人、埼玉の自宅で

埼玉県上里町の自宅で豚を食用に解体したとして、と畜場法違反などの罪に問われたベトナム国籍の元技能実習生、チャン・スアン・コン被告(29)に、さいたま地裁熊谷支部(岡田龍太郎裁判官)は28日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

岡田裁判官は判決理由で「公衆衛生上、大きな問題があった」と指摘。被告が妻子を扶養していることなどから執行猶予を付けた。

判決によると、コン被告は食肉処理場として許可されていない自宅アパートの浴室で8月9~13日、豚1頭を解体した。

被告は北関東で相次いだ家畜や果物の窃盗事件の捜査で浮上。県警によると、被告のスマートフォンから豚肉を購入するよう持ち掛けるメッセージが送信されていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン