/

この記事は会員限定です

現在進行形の水俣病 映画上演、社会に再認識求める

(更新) [有料会員限定]

水俣病を被害者側から精力的に取材した米写真家、故ユージン・スミスさんを描いたジョニー・デップさん主演の映画「MINAMATA―ミナマタ―」が23日、全国で公開される。水俣病の公式確認から65年。今なお健康被害を訴える人の認定申請は続き、9割以上が棄却されてきた。「事件」は終わっていない。

水俣病は熊本県の不知火海沿岸などに広がった公害。チッソがメチル水銀を含む工場廃水を海に流し、汚染魚介類を食べた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン