/

アレルギー、58万回中47件 ワクチン「重大な懸念ない」

(更新)
 接種が開始された米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン(2月、熊本県)=共同

厚生労働省は26日、医療従事者に対する米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、国際的な基準で重いアレルギー反応のアナフィラキシーを発症したと判断されるのは21日までに接種した約58万回のうち47件だったと明らかにした。頻度は100万回当たり81件。いずれも回復しており、同日開かれた専門部会は「現時点で安全性に重大な懸念はない」と結論付けた。

同省研究班による健康調査では、2回目を接種した約4千人を分析。37.5度以上の発熱が35.6%(1回目3.3%)、だるさが67.3%(同23.2%)、頭痛が49%(同21.2%)と1回目より大幅に増えた。熱は3日後には下がった。接種した部位の痛みは9割が訴えた。副作用は、若い人ほど頻度が高く、男性より女性が多い傾向にあった。

また、26歳女性が接種の4日後に小脳出血とくも膜下出血で死亡していたことが判明。死後の検査で、脳内に以前からあったとみられる血の塊が見つかった。血管のこぶが接種後に偶然破れた可能性もあるとみて、厚労省は引き続き情報を集める。

12日の前回の専門部会で厚労省が発表したデータでは、アナフィラキシーの頻度は100万回当たり65件だった。今回発表した頻度について厚労省は「接種対象などさまざまな違いがあるため、海外の頻度と単純に比べられない」としている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン