/

この記事は会員限定です

シニア「第二外国語」学び熱く オンラインで国際交流も

[有料会員限定]

シニアに人気がある習い事の一つ、語学学習で中国語やタイ語など「第二外国語」の存在感が増している。アジアや欧州など幅広い国や文化に対する関心の高まりが背景にある。新型コロナウイルスの影響で留学や海外旅行の見通しは立ちにくいが、オンラインを活用して語学力を磨いたり国際交流を楽しんだりする動きも広がる。

「早くタイに行って友人と現地の言葉で会話したい」。札幌市の北村通朗さん(71)は待ち遠しい思いでタイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン