/

国際競技連盟、五輪開催異論なし バッハ会長と意見交換

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は25日、今夏の東京五輪で実施される33競技の国際競技連盟(IF)とオンラインで意見交換した。世界空手連盟(WKF)の奈蔵稔久事務総長によると、同会長は「東京五輪は開催する。プランB(代替案)はない」と強調。IFからも開催への異論は出なかった。

観客数など大会運営に関わる対応策については、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、日本政府や大会組織委員会と協議するとの説明にとどまった。一部のIFから「準備ができない」として、開催に向けた具体策を早期に示すよう求める声はあったという。

バッハ会長は先週に開いたIOC委員、各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)との会合でも大会実現への固い決意を示し、開催支持を取り付けた。(共同)

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン