/

南海放送ラジオ番組に芸術祭大賞

文化庁は25日、優れた芸術活動を表彰する2020年度芸術祭賞の受賞者を発表した。新型コロナウイルスを巡る差別を追ったドキュメンタリー「感染―正義とは何か―」を制作した南海放送(松山市)がラジオ部門の大賞。「感染者への困難な取材を通じ、差別のひどさを見事に描き出した」と評価した。

大賞はこのほか、世界トップクラスの振付家の活動を記録した「芸術の価値 舞踊家金森穣16年の闘い」の新潟放送(新潟市)=テレビ・ドキュメンタリー部門、浪曲師の京山幸枝若さん(66)=大衆芸能部門=など。

優秀賞には宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)の月組=演劇部門=や、歌舞伎俳優市川猿之助さんと日本舞踊家の藤間勘十郎さんが共演した舞台を主催した京都芸術大(京都市)の舞台芸術研究センター=舞踊部門=などを選んだ。

芸術祭は75回目。10~11月に上演、放送された演劇や音楽、大衆芸能、テレビ・ラジオ番組など253件が審査対象となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン