/

「卒業旅行や歓送迎会控えて」 分科会、宣言解除後で提言

(更新)
記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(25日午後、東京都千代田区)=共同

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が25日に持ち回りで開催され、緊急事態宣言が解除された地域で取り組むべき対策をとりまとめた。「最重要課題は感染再拡大を生じさせないこと」とし、春先に向けて卒業旅行や歓送迎会など感染リスクが高い行動を引き続き避けることなどを求めた。

分科会の尾身茂会長は記者会見で「大きなリバウンドの発生は絶対に避けなければならない。大きな犠牲を払って学んだ教訓を社会が一体となって実践することが求められている」と述べた。

提言では、宣言解除地域では「社会の雰囲気として感染防止策がおろそかになる懸念がある」と指摘。これまで忘年会や新年会などの恒例行事が感染拡大の契機となっているとし、歓送迎会などを控えるよう求めた。花見も宴会なしで行うのが好ましいとした。

会食時の注意点として、しっかり感染対策をとり混雑していない店を選ぶとした。同居家族以外との場合では、普段から接する機会の多い4人以内で会食するよう求めた。

自治体には様々な指標を使い、再拡大の予兆を早期に探知するよう求めた。予兆があれば国と連携し、感染リスクが高い場所での重点的なウイルス検査や営業時間短縮要請などを実施すべきだとした。確認が相次ぐ変異ウイルスへの監視強化のため、自費検査を手がける民間検査機関にも陽性検体の提出を求め、変異株の有無を確認することも必要とした。

改正特別措置法で新設した「まん延防止等重点措置」も必要に応じて適用することも求めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン