/

この記事は会員限定です

飢饉に備えた知恵 田んぼの雑草、素朴な味

海と水辺の散歩

[有料会員限定]

温暖な地域に起源を持つイネにとって、東北地方の環境はかなり厳しい。品種改良や温暖化の進行もあり今では北海道の米も良質でおいしく味わえるが、それは長い米づくりの歴史からみれば、ごくごく最近のことだ。

東北地方から北海道の太平洋側は、夏の間しばしば濃い霧が発生する。沿岸部は湿った空気が海から山までかぶり、日照不足と気温の低下をもたらす。この海からの冷たい風が過去に何度も飢饉(ききん)をもたらした「やま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン