/

「県連会長への布石」河井元法相、現金趣旨説明

2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公職選挙法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の衆院議員、河井克行被告(58)の公判が24日、東京地裁で開かれた。元法相は被告人質問で、地元議員らに供与した現金の趣旨に関し「当選7回でも自民党広島県連の会長になれず、疎外感があった。会長就任への布石として金を差し上げた」と明かした。

元法相は、無派閥だったことなどを理由に県連で長年孤立していたと説明。「汗をかく用意がある」と言って会長に手を挙げても相手にされず、ベテラン県議の助言を踏まえ、地元議員らと関係を築くために金を配り始めたという。

現金供与は買収に当たると認めた上で「主目的は私自身の孤立感の解消だった」と主張。自民党本部による妻の案里前参院議員(47)=有罪確定=の擁立を契機に、さらに議員らと面会して金を渡したとし「妻をだしに使い、申し訳ない」と述べた。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン