/

ベンツ2万8千台リコール

メルセデス・ベンツ日本は24日、バッテリーを管理するシステムの制御プログラムが不適切だったとして「C200」「E200」など31車種計2万8361台(2017年11月~21年2月輸入)をリコールすると国土交通省に届け出た。

国交省によると、エンジンの始動が遅れたり、始動しても警告灯が点灯したままになったりする恐れがある。不具合の報告が9件あった。

また、一部の車では電源が供給されず、エンジンが始動しなくなる可能性がある。こうしたケースが14件報告された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン