/

この記事は会員限定です

被災地福島からTOKYOへ 聖火リレー、願い託しスタート

(更新) [有料会員限定]

東京五輪の聖火リレーが25日午前、福島県をスタートした。新型コロナウイルスの感染拡大による昨年の延期決定以降、1年間国内でともり続けた聖火は福島県から全国を巡り、開催地の東京へ向かう。コロナ対策が講じられ、通常の五輪とは違った形となる今回のリレー。ランナーや観客は、それぞれの願いや思いを聖火に託す。

トーチから聖火皿へ 南相馬市

午後5時10分過ぎ、聖火リレーのゴール会場となる雲雀ケ原祭場地(南...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン