/

この記事は会員限定です

日産前社長、共謀の元役員が「支払い手厚くと依頼」

[有料会員限定]

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(66)の報酬過少記載事件の公判で24日、前社長兼最高経営責任者(CEO)の西川広人氏が証人として東京地裁の法廷に立った。ゴーン元会長に対する退任後の相談役報酬などの支払いについて、元代表取締役のグレッグ・ケリー被告(64)の依頼に加え、元会長からも念押しされて報酬額を示す書類に署名した、と証言した。

公判は元会長が海外逃亡を続けるなか、共犯として起訴されたケリー元役員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン