/

歌会始入選10人 最年少は17歳、お題「実」

宮内庁は2021年1月15日に皇居・宮殿で開かれる「歌会始の儀」の一般入選者10人を発表した。最年少は新潟市の高校2年、藤井大豊さん(17)、最年長は秋田市の無職、柴田勇さん(80)だった。

今回の題は「実」。選考対象の応募数は1万3657首で、うち海外からは71首、点字は16首あった。天皇陛下に特別に招かれて歌を披露する召人(めしうど)は小説家の加賀乙彦さん(91)が務める。

その他の入選者は次の通り。(敬称略)

福井県小浜市、杉崎康代(76)▽三重県伊勢市、加藤京子(71)▽埼玉県鴻巣市、渡辺照夫(67)▽横浜市、松山紀子(58)▽東京都、石井豊彦(56)▽広島県三次市、山本美和(53)▽東京都練馬区、吉田直子(24)▽長野県飯田市、木下玲奈(24)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン