/

この記事は会員限定です

五輪開幕への道、きょうから聖火リレー 感染防止両立探る

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東京五輪の聖火リレーが25日、福島県からスタートする。沿道などで新型コロナウイルスの感染を防ぎ、円滑に運営できるかは本番の大会運営に直結する。選手受け入れなどの準備が進むなか、対策の実効性が問われる121日間となる。

聖火リレーは福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)を出発。121日間かけて全国859市区町村を巡り、7月23日に国立競技場(東京・新宿)の開会式に聖火を届ける。

大会組織委員会の橋本聖子会長は24日に記者会見し、「安全最優先で進める。自治体と緊密に連携し万全の態勢で運営する」と話した。

聖火リレーは昨年、大会の延期に伴い3月26日のスタート2日前に取りやめとなった。この1年で感染対策をまとめ、1日前倒ししてほぼ同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン