/

この記事は会員限定です

年末年始、瀬戸際の医療 東京都内の診察対応4割どまり

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの新規感染者が増え続ける中、年末年始の医療提供体制への懸念が一段と高まっている。大都市圏を中心に自治体は対応病床の上積みを急ぐものの、通常診療向けの病床も必要で、余力は少ない。感染リスクのある行動を減らして感染拡大を抑え、医療機関への負荷を下げる必要がある。

「使命感で持ちこたえてきたが限界だ」(23日、日本医師会の中川俊男会長)、「通常診療が本当にダメになる瀬戸際だ」(22日、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1503文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン