/

避難情報見直し レベル5は「緊急安全確保」に

内閣府は災害発生時に自治体が発表する5段階の避難情報を見直す。作業部会が24日、最終報告書を取りまとめ、レベル4の避難勧告と指示を一本化。最も危険度が高いレベル5の情報を「緊急安全確保」、レベル3を「高齢者等避難」にそれぞれ改称する。

災害発生の危険度に応じ、住民が取るべき行動を分かりやすく伝えるのが目的。近年、避難情報の名称が頻繁に変更されていることから、報告書は「当面の間、名称の定着に向けた取り組みと検証に注力する」と明記した。

見直し後の避難情報では、災害の恐れが生じた段階で自治体が「高齢者等避難」を出し、避難に時間がかかる高齢者などは危険な場所から避難する。さらに災害の恐れが高まると「避難指示」が発表され、住民全員が避難する。

「緊急安全確保」が出るのは、状況が切迫したり災害が既に発生したりした場合で、建物の上階などへの「垂直避難」など、命を守るための最善の行動を求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン