/

この記事は会員限定です

2021年の大学・教育展望 コロナ下、対面授業の拡大焦点

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染収束が見通せないまま迎えた2021年。大学は3密回避の制約の下、多くの受験生が参加する入試や対面授業の拡大に対応できるかが問われる。国際化や情報化に対応できる人材の育成も待ったなしだ。今年の大学や教育を巡る動きを展望した。

「ほとんど遠隔」に不満の声 柔軟な使い分け必要 

「授業はほとんど遠隔のままで、対面は課題提出の時だけ」。東京都内の私立大に通う男子学生(20)が不満を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン