/

浅間山、噴火警戒レベル2に引き上げ 火山性地震が増加

山頂火口から約2キロの範囲に影響を及ぼす小噴火が発生する可能性があるとして、浅間山の噴火警戒レベルを2に引き上げた(2019年8月、群馬、長野県境)=共同

気象庁は23日、浅間山(群馬、長野両県)の噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から2の「火口周辺規制」に引き上げた。山体の浅い部分を震源とする火山性地震が増加していた。山頂火口から約2キロの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流への警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、15日ごろから、浅間山の西側で、わずかな傾斜変動が確認された。火山性地震は20日が36回、21日が68回、22日が77回と増加し、23日も続いた。

山頂火口から約2キロの範囲に影響を及ぼす、小噴火が発生する可能性がある。噴火時、風下では火山灰だけでなく、小さな噴石が降る恐れがある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン