/

この記事は会員限定です

「生理の貧困」に支援の輪 自治体や学校、用品無償配布

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大による経済的困窮を背景に、生理用品を買えない「生理の貧困」への支援の輪が広がっている。自治体や学校で用品を無償配布する動きが相次ぐ。民間団体の調査では、女子学生の4分の1が購入に苦労している。専門家は「以前からの問題がコロナで可視化された」と支援拡充を求めている。

「どこを切り詰めようか考え、その一つが生理用品だった」。3月に福岡県内の専門学校を卒業した女性(20)が振...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン